伊勢久のあゆみ

沿革

宝暦8年伊勢屋久兵衛、名古屋石町一丁目(現・名古屋市東区泉一丁目)に薬舗を創業
明治23年店舗を名古屋市東区中市場町三丁目(現・泉一丁目)に移転
明治42年多治見支店(多治見町本町)を開設
昭和5年12月名古屋市中区南外堀町十丁目(現中区丸の内三丁目4番15号)に本社社屋竣工
  「株式会社伊勢久商店」に改組し設立(資本金30万円)
昭和23年8月資本金100万円に増資
昭和24年9月資本金200万円に増資
昭和27年4月資本金400万円に増資
昭和28年10月四日市営業所(四日市市中川原)を開設
昭和34年10月資本金800万円に増資
昭和35年8月東京営業所(東京都千代田区神田)を開設
昭和38年2月資本金1,200万円に増資
昭和39年8月三島営業所(三島市芝町)を開設
昭和42年2月千葉営業所(千葉県市原市白金町)を開設
昭和44年1月資本金2,000万円に増資
昭和44年2月商号を「伊勢久株式会社」に改める
  鹿島営業所(茨城県鹿島郡神栖町知)を開設
昭和44年9月多治見営業所を多治見市平和町四丁目48番8に移転
昭和45年6月名古屋南営業所(愛知県大府市北崎町井田1番1号)を開設
昭和48年4月岐阜営業所(岐阜市宇佐南)を開設
昭和48年10月資本金2,003万円に増資
昭和49年4月豊橋営業所(豊川市小桜町)を開設
昭和51年7月東京営業所を東京都大田区中央に移転
昭和51年10月資本金3,000万円に増資
昭和52年6月三島営業所を三島市松本104番35号に移転
昭和53年8月名古屋東営業所(名古屋市名東区猪高町)を開設
昭和53年10月静岡営業所(静岡市みずほ)を開設
  土浦営業所(茨城県稲敷郡阿見鈴木)を開設
昭和54年4月浜松営業所(浜松市天王町)を開設
昭和54年10月資本金4,500万円に増資
昭和55年4月岐阜営業所を岐阜市六条片田二丁目19番9号に移転
昭和60年12月名古屋営業所分室(名古屋市東区東外堀町)を開設(機材部・陶芸課・研究室移転)
昭和62年6月鹿島営業所を茨城県鹿島郡神栖町知手中央四丁目7番9号に移転
昭和63年12月豊橋営業所を豊川市新豊町二丁目111番地に移転
平成元年12月製造工場を瀬戸市湯之根町48-9に移転し、規定液・PH標準液・バイオ用試薬等の生産開始
平成2年4月土浦営業所を「つくば営業所」に改称
平成4年3月名古屋東営業所を名古屋市千種区星ヶ丘二丁目55番地に移転
  同時に機材部も同所へ移転並びに陶芸課も本社1階へ移転
平成4年5月静岡営業所・浜松営業所を統合し、掛川営業所(掛川市細田144-1)を開設
平成4年10月資本金9,000万円に増資
平成5年4月本社別館「クエスト丸の内ビル」竣工
  東京営業所を東京都千代田区神田鍛冶町三丁目7番に移転
平成5年10月津営業所(津市高洲町739番地)を開設
平成7年12月資本金1億800万円に増資
平成10年4月千葉営業所を市原市岩崎西一丁目4番地11に移転
平成14年2月名古屋営業所を含む本社機構に於いてISO14001認証を取得
平成15年3月瀬戸工場に於いてISO14001認証を取得
平成15年10月つくば営業所を牛久市猪子町字原992-432に移転
平成19年10月神奈川営業所(厚木市酒井)を開設
平成21年5月鹿島営業所を神栖市知手3678-4に移転
平成22年10月神奈川営業所を厚木市中町三丁目11番18号に移転
平成24年3月資本金1億円に減資
平成24年7月津営業所を三重県津市あのつ台四丁目7番6号に移転
ページ上部へ