粉体部門

取扱製品印刷する

打錠データ収録装置

特徴

 

■打錠条件設定・動作設定・運転起動・デ

 ータ収録/表示を全てパソコンでの操作

 に一元化

  レシピ方式の採用により、再試験時の打錠条件再設  

  定は不要です。

■国際規格(IPT)の杵臼使用を標準化

(専用の杵臼は不要です。)

■サーボモータを採用した杵駆動系によ

 り、成型動作をデジタル制御化

  成形時上下杵間隔・充填深さ等の動作条件をパラメー 

  タ(数値)で設定できます。
  従来型の単発式打錠機で煩わしかった、動作条件の

  機械的な調整は不要です。

■吸い込み充填操作・予圧動作等、ロータ

 リー式打錠機の動作を擬似的に再現しま

 す。

■打錠障害解析に必要なデータを取り込む

 4つのセンサを標準装備

  標準装備(上杵荷重センサ・下杵荷重センサ・上杵変位

  センサ・下杵変位センサ)
  壁面荷重検出臼・スクレープ荷重検出センサも装着

  できます(オプション)。
■サーボモータの容量アップにより、応力

 緩和測定(圧縮)が可能になりました。

 連続打錠機能も標準装備(まとまった数の

 サンプル製作が可能です。)

 

仕様

駆動源 上下杵 ACサーボモータ駆動 (分解能0.01μm)
材料供給部 ステッピングモータ駆動 (分解能0.01μm)
加圧能力 最大20kN 予圧・本圧の二段圧縮制御可能
加圧停滞時間設定あり (設定最大30sec.)
杵移動速度 設定最大70mm/s  
仕様杵臼 IPT B-Type D-Typeへの対応も可能 (フィーダテーブル交換)
充填深さ 設定最大17mm IPT B-Type臼
材料供給 脱着式簡易ホッパー  
データ収録用センサ 標準4ch装備 上下杵荷重センサ・上下杵変位センサ
オプション 壁面荷重検出臼・スクレープ荷重検出臼
操作・設定入力 ノート型PC 専用アプリケーション使用
レシピ設定式
収録データ再生
外形寸法 幅550(660アジャスター含) 高1,460 奥行650(750アジャスター含)
必要設備 電源 3φAC200V 50/60Hz 50A以上
その他 収録データファイル出力 CSV形式
インターロック 前面扉開時動作禁止 (動作中開で強制停止)

 

 

製品についてのお問合せはコチラより御連絡下さい。